泰尚[蕎麦屋]犯人は多摩大学バイトでその後がヤバい!倒産&自殺にバイトテロ店員は謝罪もなく、、、

泰尚[蕎麦屋]犯人は多摩大学バイトでその後がヤバい!倒産&自殺にバイトテロ店員は謝罪もなく、、、

泰尚[蕎麦屋]犯人は多摩大学バイトでその後がヤバい!倒産&自殺にバイトテロ店員は謝罪もなく、、、

奇しくも、義父と同じ命日に主人は負債を背負いきれず自ら命を経ってしまっております。

Sponsored Links
Sponsored Links

泰尚[蕎麦屋]犯人は多摩大学バイトでその後がヤバい!倒産&自殺にバイトテロ店員は謝罪もなく、、、

Sponsored Links
Sponsored Links

ニュース

「死ぬまで許して」の一方で6年間謝罪なしの学生も、店つぶした“バカッター”のその後
2/20(水) 8:00配信

東京都多摩市のそば店『泰尚』ではアルバイトの多摩大学の学生たちが度を越した悪ふざけ画像を投稿しバカ騒ぎしていた。

「厨房内の食洗器に足を入れたり、胸に店の茶碗を当てていたり、不快な画像のオンパレードでした」(渋井さん)

 こちらも漏れなく炎上し「不潔だ」というクレームが店に相次いだ。

 店主の小川純子さん(59)が当時の被害を語る。

「炎上した翌日お店に行くともう電話はやまない状態でした。着信ナンバーを見ると全国から野次馬のごとく電話がかかっていることがわかりました。常連さんからもお叱りの声を受けました。“あの写真を見た。不衛生じゃないか。お金を返してほしい”と言われました」

最後まで謝罪の言葉はなし
 泰尚は前代表の小川泰司さんが’84年に創業、最盛期には、町田市、多摩市で3店舗を営業し、多いときには1億円以上の売り上げも計上していた。

 しかし、不適切投稿の前年に泰司さんは死去。純子夫人が経営を引き継ぎ、店舗を1店に縮小し再建をはかる途上で、バイトによるおふざけ投稿が起きたのだ。

「私はまず主犯格の男の子を呼びました。なんでこんなことをしたのか聞いても、下を向いてスマホをいじっていました。もう何を言っても駄目だなと思いましたね」

 反省の色がまるでない様子に、純子さんはあきれたという。

 投稿の約3か月後、店は閉店に追い込まれ破産。当時の負債は3300万円。ツイッター投稿が破産の引き金になったことは明らかだった。

 純子夫人側はアルバイト従業員の多摩大生たちに計1385万円の損害賠償を請求する裁判を起こし、約200万円で和解になったという。

「裁判所がそろそろ和解したらどうかということで、金銭的には要求した10分の1ほどでした。最後まで謝罪は聞けませんでしたね」

 店を破産まで追い込んだにもかかわらず、騒動から6年たった今も本人からの謝罪はないという。

引用:「死ぬまで許して」の一方で6年間謝罪なしの学生も、店つぶした“バカッター”のその後

Sponsored Links
Sponsored Links

みんなのコメントなど

Sponsored Links
Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

泰尚[蕎麦屋]犯人は多摩大学バイトでその後がヤバい!倒産&自殺にバイトテロ店員は謝罪もなく、、、

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください