~超運動神経の良い娘の日記~

山本KID徳郁がグアムでガン闘病の末に亡くなる!癌はいつからで種類が気になるも、、、【訃報】

WRITER
 
山本KID 死去
この記事を書いている人 - WRITER -

山本KID徳郁が余命宣告されガン闘病の末に死去!KRAZYBEEが発表

山本KID徳郁がグアムでガン闘病の末に亡くなっております。
癌はいつからで種類が気になるも、、、

ご冥福をお祈り申し上げます。

少し前には、激やせした姿が話題になっておりました。

ただ、癌はいつからで種類が気になるも、
ニュースにはなっておりませんでした。

Sponsored Links
Sponsored Links

山本KID徳郁が余命宣告されガン闘病の末に死去!ニュース

グアムの闘病生活について

グアムでガン闘病中「山本“KID”徳郁」の車椅子写真
8/27(月) 16:01配信

《私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています。絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!》

【関連】山本美憂「3度の離婚」を経て現在はシングルマザー

 8月27日、自身のインスタでガンを告白した山本“KID”徳郁(41)。

「2年前に病気が判明し、現在はグアムで治療を続けている」(格闘技関係者)

 本誌が入手した写真は2018年8月中旬に、グアムのレストランで撮影されたものだ。親しい知人らと席をともにするKIDはやせ細り、座っているのがやっとという状態。

 よく見ると、彼が車椅子に乗っているのがわかる。カメラに向かってポーズを決めるが、彼だけは笑顔がなく、辛そうな表情だ。

「消化器系のガン治療のため、グアムの病院で闘病生活を送っている。本人はふらついて、歩けないほどだ。日本を離れ、グアムで治療しているのは、周囲の目を気にしてのことだという」(同前)

 KIDは、レスリングのミュンヘン五輪代表だった山本郁榮氏(73)を父に持ち、姉は美人格闘家として有名な山本美憂(44)、妹はレスリング選手でダルビッシュ有の妻である山本聖子(38)というスポーツエリート。

 本人は23歳のときプロ格闘家デビューし、HERO’S初代ミドル級世界チャンピオンに輝くなど活躍。「神の子」と呼ばれ、カリスマ的な人気を誇る。だが、2015年大晦日の魔裟斗との対戦を最後に、2年8カ月の間リングから遠ざかっている。

 2017年には、経営するスポーツジムを沖縄県と埼玉県に開設し、9歳年下の夫人、3歳と1歳の娘とともに、沖縄県糸満市に転居していた。

 だが2018年6月には『“神の子”山本KID徳郁と一緒に未来のチャンピオンを発掘する』というプロジェクトが突如中止になった。理由は「KIDが急遽、アメリカ遠征に行くことになった」ためとされたが、「病気では」という噂が飛び交っていた。

 前出の格闘技関係者が語る。

「家族、姉妹も看病のためグアムに行っています。彼は現地に友人も多く、周囲の力強いサポートで、闘病生活を送っています」

 病との闘いに負けるわけにはいかない。

引用:グアムでガン闘病中「山本“KID”徳郁」の車椅子写真

Sponsored Links
Sponsored Links

山本KID徳郁がグアムでガン闘病の末に亡くなる ニュース

山本KIDさん死去 41歳 8月にがんを公表
9/18(火) 12:44配信 オリコン

 格闘家の山本KID徳郁さんが18日、死去したことがわかった。41歳。所属するジムの公式ツイッターが発表した。

【写真】山本“KID”徳郁さん、妻との2ショット

 ジム「KRAZY BEE」の公式ツイッターが18日、「山本KID徳郁を応援して下さった皆様へ山本KID徳郁(享年41歳6ヶ月)が、本日9月18日に逝去致しました。生前に応援、ご支援をして頂きました関係各位、ファンの皆様に本人に変わり御礼申しげます」と報告した。
 
 KIDさんは先月26日、自身のインスタグラムを通じて、「私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています」と公表。がんの詳細については明かしていないが「絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!」とつづっていたが、願いは届かなかった。

 KIDさんはレスリング元日本代表の郁栄氏を父に持ち、姉・美憂(44)、妹・聖子(38)も元世界女王の格闘一家。2004年8月にモデルのMALIA.と結婚、長男と長女に恵まれるも2009年8月に離婚。その後、一般女性と再婚し、14年11月に女児、17年8月にも女児が誕生した。

 学生時代からレスリングの強豪選手として活躍し、2001年に脩斗でプロ格闘家としてデビュー。04年からK-1にも参戦し、同年大みそかには魔娑斗との試合で日本中の注目を集めた。その後、HERO’S、DREAMのリングを経て11年から世界最高峰の格闘技団体・UFCに参戦していた。

引用:山本KIDさん死去 41歳 8月にがんを公表

山本さんは8月26日、自身のインスタグラムで「私事で急なご報告となりますが、私山本KID徳郁はガン治療のために頑張っています」とがん闘病中であることを公表。がんの種類など詳細は明かさなかったが「絶対元気になって、帰ってきたいと強く思っていますので温かいサポートをよろしくお願いします!」と誓っていた。

引用:山本KID徳郁さん、41歳で死去 がん闘病公表

Sponsored Links
Sponsored Links

みんなのコメント

Sponsored Links
Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

Sponsored Links
Sponsored Links

最後に 癌はいつからで種類が気になるも

癌はいつからで種類が気になるも、

まだ公では明らかになっていないようですね。

ご冥福をお祈り申し上げます。

Sponsored Links
Sponsored Links

山本KIDさんの紹介です!!

山本KIDさんのプロフィール

山本KID徳郁さんの略歴は以下の通りです。

山本KID徳郁(やまもと“きっど”のりふみ)さん 1977年(昭52)3月15日、川崎市生まれ。72年ミュンヘン五輪レスリング日本代表の父郁栄氏のてほどきで幼少からレスリングを始める。姉美憂、妹聖子も世界選手権制覇のレスリング一家。99年全日本選手権フリー58キロ級2位。01年に修斗でプロ格闘家デビュー。04年からK-1MAXに参戦。同年大みそかに魔裟斗と対戦しダウンを奪った。05年に総合格闘技興行HERO’sに参戦し、ミドル級王座を獲得。「神の子」と呼ばれた。09年からDREAMに参戦。数年前までは、世界最強の総合格闘家が集う米国のUFCを舞台に活躍していた。163センチ、61・2キロ。

引用:姉美憂、妹聖子もレスリング一家/KIDさんメモ

◆◆◆◆◆こちらの記事も読まれています◆◆◆◆◆
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© なのろぐ , 2018 All Rights Reserved.