芸能人

御霊移しの儀(神式葬儀)神道儀礼の参列者に子供たちも!通夜祭は小林麻耶もサポートへ!

【小林麻耶さんと市川海老蔵さんのブログから】

どうもエイトです。
小林麻耶さんは、ラジオ番組で仕事をこなしていたという情報はあるものの、

ブログは6月20日からとまったまま。
本日、6月26日で、しばらく更新が途絶えております。

ただ、昨日の麻央さんのお通夜では、
麻央さんの子どもたちと
五右衛門ごっこをしている姿もあり、
市川さん家族をしっかり支えているのを感じます。

一方で、

市川海老蔵さんが、かなりブログを更新しており、
しんどい小林麻耶さんの分まで、
ブログを更新して状況を伝えてくれているのでありましたら、
なおさらすごいことだと思います。

そして、

本日も朝からブログを更新されております。

Sponsored Links

【市川海老蔵さんの今朝のブログ】

朝は、突然勸玄くんが泣いたようで、
子供なりに必死に耐えていたこと。

市川さんは、抱きしめることしかできなくて、
お母さんの温もりを感じさせてあげることはできないと、

子供たち、市川さんの麻央さんを失った悲しみを
綴っております。

この間、
子どもたちも、舞台に出たりと、
大変さだったと思います。

まだ幼いのに、子どもたちのことも思うと、
心の辛さを感じてしまいます。

また、その後、

カンカンの人生初の隈取りを
麻央さんにあげるようで、
手紙がわりで
空の上でまおが楽しめるようにしたためるつもりということです。

これからも儀式が続き、
市川さん、子どもたち家族は、
忙しい日々が続くのかと思います。

忙しない日常の方が、
まだ気持ちを保てるのかもしれませんが、
やはり、
夜、寝るときには、色んなことを思い出して、
子供たちも悲しくなってしまったのだと思います。

昨日は、お通夜も無事に終わったということですが、

その中で執り行なわれる「御霊遷しの儀」について触れてみたいと思います。

Sponsored Links

【「御霊遷しの儀」
子供たちも参列者として】

日中は、舞台の千秋楽で大成功で終了。
その後、御霊遷しの儀を行っております。

長女の麗禾ちゃんと長男の勸玄くんも参列者して参加。
儀式が執り行われたことを市川さんのブログでも報告されております。

「御霊遷しの儀」は、一般的に言いますとお通夜にあたります。
亡くなった人の身体から魂を遷(うつ)すための儀式なのです。

もう少し具体的に話ししますと、
神道での通夜に当たる「通夜祭」の中で執り行われます。

通夜祭(通夜式)の途中に御霊移しの儀があるのです。

霊璽(れいじ)と言いまして、
仏式の位牌みたいなのに故人の魂を移すのですが、
その間は明かりを消すのです。

難しい言い方ですと、

「御霊代(みたましろ)」
(故人の名前などが書かれた白木の霊璽=れいじ。仏式の位はいにあたる)
に魂を移す儀式。

故人の霊魂を「御霊代(みたましろ)」
という個体に移すことが目的です。

一般的には故人の名が記された白木の札「霊璽(れいじ)」
を故人の顔にかざしてその魂を移す。

天理教でも行われているようですが、
歌舞伎が元々神事にまつわることを考えると、
神道として行っておりますね。

今後は葬儀に当たる「葬場祭」が営まれるようです。

Sponsored Links

【最後に】

6月24日には「今日からパパ ママもやります」と市川さんは宣言。
母親としての役割も全うするということですが、
やはり本物の麻央さんがいなくなって、
どうしても埋められないところはあると思います。

子供たちは、寂しさいっぱいだと思います。

私も父親として、子どもたちの母親の存在は、
本当に大きいし、
必要な存在だと思います。

ただ、親父の愛も大きいはずです。
埋めきれることはできなくても、
親父がしっかりと支えることができます。

また小林麻耶さんも、
通夜祭の夜に子供たちと
五右衛門ごっこしてくれたようですし、

みんなで支えあって乗り越えたら、、、

乗り越えれる家族の絆があると、
この間の様子を見て感じております。

【告別式についてはこちら】

小林麻央の葬儀準備。
告別式は笑顔の写真を添えて、、、

【関連記事です】

小林麻央の誤診した病院はどこ?
目撃情報と現在判明した病院名をチェック!

みたまうつしの儀とは何?
小林麻央のお通夜に市川海老蔵さんがブログで報告!

麗禾ちゃんがわがままだが寂しそう!
小林麻央の死去で「かわいそう」という声も!

Sponsored Links
URL
TBURL

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top