芸能人

松居一代の統合失調症の原因は?精神科医[専門家]の見解は?

【松居一代さんは統合失調症なのか
精神科医の見解は?】

どうもエイトです。

松居一代さんですが、
ここまで、テレビやネットで話題になるなんて、
誰が想像したでしょうか?

その松居一代さんですが、

原因としましては認知症や薬疑惑、
他にも統合失調症の話も出ております。

私は、統合失調症のような気がしますが、
何せ素人ですし、、

今回は、松居一代さんに対して、
精神科医も含めて、
専門家の松居一代さんに対して、
どのように捉えているのか
原因と見解を調べてみました。

Sponsored Links

【専門家は松居一代さんをどのように捉える?】

<筆跡アナリストで心理カウンセラーの凛音さん>

筆跡アナリストで心理カウンセラーの凛音さんの
コメントです。

凜音さんは、カラーセラピストの資格も所持。
芸能人の筆跡を分析したコラムを執筆し、
最近は履歴書の筆跡鑑定も行っております。

■大小入り混じった字

まずは、字の大きさ。
松居一代さんは、ブログや筆跡などから、
字の大きさにかなりばらつきがあるのは
みなさんんも知っているかと思います。

文の中に大きい字と小さい字
つまり、違ったサイズの文字を
混ざって書くスタイルの人は、
波乱万丈な人生を好むタイプのようです。

つまり、大きな変化を望むため、

選択が上手くいけば、大物になる可能性も。
だが、失敗すると多額の借金を抱えたり、
夢を追いかけすぎて上手くいかず、、、

平凡な人生では満足できないタイプです。
(失敗と成功は紙一重で、どちらに転ぶか、、、)

それがパートナーである場合、
自分が困難を一緒に乗り越える覚悟があるか、
きっちりと考えましょう。

■字の形を自分スタイルに変える

非凡な才能を発揮する可能性がある。

 松居さんの字で特徴的なのは、
松居の「居」や「御」の字です。

一般的な字の形とは異なり、書き順も違っている。

新しいものを生み出したりなど、クリエイティブな能力が高め。
芸術面などで非凡の才を発揮する人が多いといことです。

ただ、その傾向が強いと、
物事を自分のいいように解釈したり、
一般とは少し違う価値観で捉えたりと、

オリジナリティが強すぎる反面、
こわだりすぎたり、
自分の考え方に固執してしまうようですね。

Sponsored Links

■線が周囲の字とぶつかる

松居さんの字はこのような傾向があります。

「申」と「し」が一体
「編集」という字が一部重なる、
「絡」の払いが隣りの「よ」に当たるまで伸びる

度胸があり、恐いもの知らずの傾向。
普通なら物怖じするところでも、
堂々とやってしまう

公衆の面前で話す、
知らない人に注意をするなど

一方で、場の空気を気にしないため、
ケンカや修羅場を引き起こしやすく、
トラブルメーカーになりがち。

ということで、どれも一長一短がありますね。

ただ、これって、本当にうまくいけば、
素晴らしい才能を発揮することになるのですが、、、
残念ながら、松居さんはと言いますと、、、

【森田豊医師によると】

そして、松居一代さんのTwitterフォロワーの
盛田豊医師です(精神科医ではないですが)

医師・ジャーナリストで、
医療ドラマ(ドクターXなど)監修、
ニュースコメンテーター、
バラエティー番組などに出演中の人ですね。

また、精神科医ではなく、
分野はだいぶ違いますが、
このように透視している方もおられます。

*随時更新中です!!

【最後に】

精神科医の意見を見つけることはできなかったものの、
専門家の見解を載せてみました。

もちろん、本来ならば本人が精神科医に行くべきかと思いますが、

本人としては、視野が狭くなって、
しかも突っ走ってますので、
そんなことも気づかず、
周りが精神科医に行くよう助言をしても、
聞く耳持たずなんじゃないかと思いますが、、、

こういった夫婦間トラブルは、
夫婦間で解決するべきだし、
無理でしたら弁護士も交えて、
やったらいいと思いますが、
わざわざ自分の品位を下げてまで、
情報発信するのはなぜか。

そこまでして船越さんを批判しても、
最後に、何がのこるというのでしょうか。

個人的には不毛な争いに感じます。

【関連記事です】

松居一代へ芸能人の反応とコメントがヤバい!
芸能界引退説や時期がいつか予想!

松居一代が宮根誠司にMr.サンデー前に生電話した内容は何?
SNSが使えなくなる理由の真相は?

船越英二が息子(英一郎)の結婚を反対した理由は?
松居一代を娘のように慕ってたって本当?

松居一代がおかしいのは薬が原因?
パジャマ姿騒動と舌でスマホを操作する言動はいつから?

Sponsored Links
URL
TBURL

コメント

*
*
* (公開されません)

Return Top